フジフレーク 【金属用(耐食コーティング/ライニング)】

安定したマルチ・バリアで長寿命を実現

フジフレークライニングは、ガラスフレークがマトリックス中に水平に分散し、腐食の要因となる水蒸気・酸素・腐食性ガスなどの気体透過を防ぎ、各種構造材と強固に結合することにより、腐食環境下で長期間安定したマルチバリアを形成。他に類を見ない数々の優れた性能を発揮します。
■耐水蒸気拡散散促進試験(当社比較値)
■ゴム・耐食金属との比較

高温下での熱応力・変形・疲労に対応

フジフレークライニングは、硬化時の残留応力が小さく、熱膨張係数が金属に近く、各種金属・コンクリート構造材に優れた接着性があり、安定した耐熱性を保持します。
■疲労・追従性試験
一定応力型両振幅式・曲げ応力繰返し ASTM D671-63TのB法に準拠
試験片  最大曲げ応力(kgf/cm2 結果 
母材…
  炭素鋼SS41
ライニング剤…
  フジフレーク#6R
2000 1000万回疲労異常なし
2500 57万回炭素網にクラック
フジフレーク面 異常なし
フジフレークライニングは変形・疲労などに対し、優れた接着追従性があります。 炭素鋼(SS41)に2500kgf/cm2の両振幅応力を加える疲労試験では、約60万回で炭素鋼はクラックを生じ破壊しますがフジフレークは、何ら異常がありません。通常は、降伏点以下の許容応力値で設計されるため、さらに安全性を高めます。

様々な特性の複合化で耐摩耗抜群

攪拌・液落下・スプレー・流体・粉体摩耗と耐食性を要求される場合、ゴムでも不可能な耐摩耗性と高耐食性を示します。
初期の耐摩耗性が良好な材料でも、薬液による劣化を生じると加速されます。しかし、フジフレークACは、耐フッ酸性に加え、高耐食性と耐摩耗性に優れた特性があるため、安定した性能を発揮し、石炭火力排脱スプレー部、リン鉱石撹拌機など粉体混入薬液に対し、優れた耐摩耗性が実証されています。
■フジフレークACの耐摩耗性(当社比較値)