フジライナー

フジライナーUVシートシステムの特長

1品質が均一で安定しています。
あらかじめ厳しい品質管理のもとに工場内で製作された材料を使用しますので、現場での配合ミスなどがなく材質が均一で安定しています。
2耐薬品性に優れています。
充填剤・添加剤を含まず、硬化阻害のない樹脂本来の耐食性能のある製品ができます。(食品衛生法:食品・添加物等の規格基準にも適合しています。)
3環境を汚しません。
光照射硬化のため硬化が速く、またフィルムで覆われているためスチレンの揮発がほとんどありません。
4安全です。
現場では危険物である過酸化物を使用しないので安全です。また、有害な紫外線ではなく危険性のない可視光源が使用可能です。
5工期が短い。
従来の過酸化物触媒に比べ硬化が速く、かつ短時間で完全硬化するため養生期間が不要で工期が大幅に短縮できます。
6作業性に優れています。
現場では貼り付け圧着作業が主であり、硬化剤などの配合作業や繊維への含浸作業は必要ありません。

フジライナーUVシートシステムの品番

  品番<フジライナー> 内容
シート UV#6Rシート
(標準用)
シートサイズ 230×1000mm(各種サイズ製作可能)
構成 透明フィルム/※FRPプリプレグ/青色透明フィルム
FRPプリプレグ…
光硬化型樹脂+ガラスマット<1ply>
UV#6Hシート
(耐強酸・耐溶剤用)
厚み 1mm(0.8‐1.3mm)
プライマー UVプライマー#6R
(高接着力・金属用)
一液タイプ 光硬化型で、硬化後シートと一体になります。
UVプライマーPT#2000
(汎用・コンクリート・木材用)
ニ液タイプ 浸透する母材でも、光の届かない部分まで硬化し、完全接着します。
パテ UVマスチック#6R 一液タイプ 光硬化型で、母材の凹凸の著しい場合
物性値は、10分間可視光照射にて3mm厚(3層)を硬化させた供試体にて測定
(600wメタルハライドランプにて照度50-70mW/cm2<380nm>)

フジライナーUVシートシステムの物理的性質(硬化後)

項目 単位 フジライナー
UV#6Rシート UV#6Hシート
曲げ強さ MPa 195 195
曲げ弾性率 GPa 7.8 7.8
引張強さ MPa 110 105
引張弾性率 GPa 7.2 7.2
伸び率 2.0 1.5
熱膨張係数率 /℃ 2.3×10-5 2.3×10-5
熱変形温度 110 150

フジライナーUVシートシステムの用途

(1)各種コンクリート構造物の補修・補強
ピット、貯槽、配管、防液堤、工場床・壁・溝、 排水路、煙突・ダクト、道路、橋、ケーソン等
(2)各種鋼製構造物の補修・補強
プラント、貯槽、水槽、ダクト・配管等
(3)その他材料の補修・補強等
各種FRP成形品(貯槽・船等)、木製材料、樹脂ライニング、ゴムライニング、プラスチック製品(塩ビの場合は、RT#Vプライマーを使用)、単体の成形等

フジライナーUVシートの硬化性資料

硬化時間:フジライナーUVシートライニング 1ply(1層)での硬化時間
使用場所 照度
<紫外線強度:380~450nm域>
単位:μW/cm2
可使時間 硬化時間
屋外(晴天) 3,000~10,000 2分以内 10~20分
屋外(日陰) 5001,500 5分以内 20~50分
屋外(曇天) 4001,000 15分以内 40~80分
室内(明るい) 4070 60分以内
室内(通常) 1030 3時間以上
メタルハライドランプ(250W) 20,000(距離:20cm) 2分以内 4~10分
特殊蛍光灯(36W×2本) 1,100(距離:15cm) 10分以内 30~40分
一般蛍光灯(36W×2本) 200(距離:20cm) 30分以内 2~4時間
ランプ類は、照射距離により照度が大きく変化します。照射距離を短くすれば、硬化時間が大幅に短縮されます。
本資料は、弊社での実測値および入手データに基づいて作成していますので、数値等は、参考値(目安)としてご覧下さい。