会社の歩みと技術沿革

会社の歩み 技術沿革
1951年
(昭和26年)
冨士レジン工業株式会社は、昭和17年(1942)以来フェノール樹脂焼付コーティングを専業としていた、タイサント工業株式会社より業務を継承し、創業。
1953年
(昭和28年)
大阪市に現会社を創立。
1954年
(昭和29年)
東京営業所を開設。
1955年
(昭和30年)
フッ素、エポキシ、ポリエステル樹脂によるライニング工法を開発。
1956年
(昭和31年)
フラン樹脂の生産開始。わが国初の高耐食性FRPを開発。
1957年
(昭和32年)
本社工場を尼崎市に移転。
1959年
(昭和34年)
わが国初の現地焼付工法を開発し、日本合成ゴム株式会社(現 JSR株式会社)四日市工場殿で実用化。
わが国初の耐食モルタル「ポリクリート」を開発、三井東圧化学株式会社(現 三井化学株式会社)殿と共同特許。
1961年
(昭和36年)
耐食FRP機器の生産開始。
1963年
(昭和38年)
煙突用、特殊防食工法(F-50S)を開発し、三菱重工業株式会社殿と共同特許。
1966年
(昭和41年)
通産省の国家プロジェクト、排煙脱硫技術開発(東京電力株式会社五井火力発電所殿)に耐食部門で参画し、各種ライニング工法を実用化。
1967年
(昭和42年)
わが国初のフレークライニング「フジフレーク」を開発。
1968年
(昭和43年)
名古屋営業所、福岡営業所開設。
1969年
(昭和44年)
わが国初の高耐熱耐食性フェノール樹脂FRP「ケメック#10」を実用化。
国産ビニルエステル樹脂(昭和高分子株式会社殿)によるわが国初の、ライニングシステムを開発。
1971年
(昭和46年)
ドイツKeram Chemie G.m.b.Hより、高耐食FRP「KERA」技術導入。
スウェーデンGadeliusABよりFRP遠心成型GP法、技術導入。
イギリスJ. Howden社、ガデリウス(現 AALBORG Industries)殿と石油タンカーのIGS防食で、三社提携。
1972年
(昭和47年)
富士工場開設。
大型湿式排煙脱硫装置(三井アルミニウム工業株式会社三池火力発電所殿)にわが国初のフレークライニング工法を実用化。
1973年
(昭和48年)
フィラメントワインディング法ケメックFW実用化。ケメックV開発。
国産ガラスフレーク(日本板硝子株式会社殿)による「フジフレーク」を実用化。
1976年
(昭和51年)
住友化学工業株式会社(現 住友化学株式会社)殿よりフランス「Sovap」の技術を継承しFRP製タンクローリー生産開始。
1978年
(昭和53年)
わが国初の海外炭専焼火力発電所(電源開発株式会社殿)に耐摩耗高耐食性、ACライニング工法を実用化。
1979年
(昭和54年)
Keram Chemie G.m.b.H(ドイツ)にフジフレーク技術輸出。
1981年
(昭和56年)
ヨルダンのリン酸プラントでフランスのエンジニアリング会社と提携、海外事業を促進。
1985年
(昭和60年)
海外事業プロジェクト設置。
National Chemical CO., LTD.(韓国)にフジフレーク技術輸出。
1987年
(昭和62年)
Yong Shun Chemical CO., LTD.(台湾)にフジフレーク技術輸出。
1989年
(平成元年)
Boero Corori(現 APSA)S.P.A(イタリア)にフジフレーク技術輸出。
1990年
(平成2年)
イタリア電力庁(ENEL)排煙脱硫装置に「フジフレーク」施工、技術指導。
ITW-Devcon(米国)、ITW-Irathane(アイルランド)(現 ITW Devcon Futura Coatings)にフジフレーク技術輸出。
1991年
(平成3年)
米国NIPSCO-Bailly発電所、Penn Power-Bruce Mansfield発電所などで大面積対応「フジフレーク」スプレー工法、実用化。
デンマーク、中国、チェコ、タイなど、世界各国の排煙脱硫装置に「フジフレーク」施工。
1998年
(平成10年)
三菱重工業株式会社殿と耐摩耗性FRPパイプ開発、海外生産開始。
1999年
(平成11年)
下水道地下埋設管(更生用)光硬化型FRP開発。
「フジライナーテック」設立。
2002年
(平成14年)
原子力発電設備用、耐放射線性材料を開発・実用化。
2003年
(平成15年)
ISO 9001認証取得(本社工場)。
2004年
(平成16年)
旧本荘耐酸化学機械株式会社「エターナル」事業継承。
2005年
(平成17年)
三井化学株式会社殿関連会社の日本シーアールエム株式会社より、「NKフレーク」の営業権取得。「CRM株式会社」設立。
2008年
(平成20年)
海外排煙脱硫装置用、超耐摩耗性「フジケメックACS」実用化。
2010年
(平成22年)
エコアクション21 認証取得(本社・工場)
2012年
(平成25年)
日本下水道協会下水道用資器材製造工場認定(本社工場)